当サイトについて

アマチュア無線局 JF9OYU/ライセンスフリー無線局 いしかわJK946のオフィシャルサイトをご覧いただきまして、誠にありがとうございます。当サイト管理人の自己紹介のほか、アマチュア無線やライセンスフリー無線に関する話題や、ラジオやBCLに関する話題なども書き綴っていますので、最後までご一読いただけたら幸いです。

目次

自己紹介

石川県金沢市在住、44歳の会社員兼個人事業主です。

無線以外の趣味は、温泉、旅行、写真、登山、自転車など。基本的には、外で遊ぶことが大好きです。また、国道沿いの鄙びたドライブインやレトロ自販機巡りも。地元はもちろんのことですが、旅行先や出張先での食べ歩きや飲み歩きも楽しみにしています。

小学生の頃の思い出

小学5年生や小学6年生の頃だったと思います。どこのメーカーのものであったか忘れてしまいましたが、ラジカセなるものを父親からプレゼントされて、それでラジオを聴くようになりました。最初は地元の北陸放送や福井放送ばかり聴いていましたが、昼間は静かなAMラジオも夜間はとても賑やかに聴こえてくることを知り、AMラジオの遠距離受信に目覚めたのがこの頃だったと思います。

その頃はただ遠くの放送を聴くことが楽しみで、寝る前にラジカセのダイヤルをくるくる回すことが日課となっていました。今のようにインターネットもなく、放送から聴こえてくる放送局名や呼出符号を聴いては一喜一憂していた思い出が今でも残っています。

それから、そのラジカセで「ザ・ベストテン」などのテレビの音楽番組を録音して記録するのも同時に楽しんでいました。今となってはそのカセットテープが残っていたらと思うのですが、さすがに処分してしまったようです。

中学生の頃の思い出

中学生の頃に父親が愛読していた「ラジオライフ」をこっそり盗み読み、“BCL”という趣味の存在を知りました。その後、父親のSONY ICF-7600Dを譲ってもらい、中波や短波での日本語放送を聞くようになり、受信報告書を送っては、受信確認証(ベリカード)を集めることに没頭しました。

高校生の頃

高校2年に幼馴染からの誘いを受けて、第四級アマチュア無線技士の国家試験を受験。難なく合格して、アマチュア局の開局手続きを行いました。中部特機産業株式会社小松店でKENWOOD TH-78を買ってもらい、しばらくは学校の行き帰りに幼馴染との交信を楽しんでいました。

その後、近所のアマチュア無線家に声を掛けていただき、幼馴染みとともに地元のアマチュア無線クラブに入会。諸先輩のご指導の元、144MHzと430MHzのFMをメインにCQを出したり、遠距離交信などにもチャレンジしました。JARLにも入会し、さまざまなアワードにもチャレンジしました。

泊まりがけでの移動運用も何度もお誘いを受け、連れてっていただきました。

最もお世話になった方には“10m FM”のおもしろさを教えていただき、自宅にワイヤーアンテナを張って、しばらくは“10 m FM”に没頭した時期がありました。

BCLは、SONY SW100SというコンパクトなBCLラジオを購入。SONY ICF-7600Dとは異なり、持ち運びも便利になったため、電車に乗っていろんなところに出向き、その土地のコミュニティFM局を聞くようになりました(その頃はまだまだ局数も少ない時代でしたが・・・)。

たくさんの方々に支えていただきながら、アマチュア無線を楽しませていただいたと思います。この場を借りまして、当時、お世話になった方々に心からお礼申し上げます。

大学生の頃

田舎を離れて移り住んだ土地では、学校とアルバイト先を行き来する毎日で、次第にBCLやアマチュア無線から遠ざかって行きました。ただ、810kHzのAFN-Tokyoは電車の中で良く聞いていました。

社会人の頃

これと言って、BCLやアマチュア無線に興味を持つきっかけもなく、写真や旅行が主な趣味となっていました。国内旅行中心でしたが、北海道から沖縄まで、時間があれば旅に出かけていました。特に沖縄の離島が大好きで、波照間島へ何度も何度も通いました。

2013年

友人と白山連峰や地元の山々を登る機会が増えてきました。そのため、友人もアマチュア無線の免許を持っていたことから、お互いに連絡手段のためにアマチュア局の開局手続きを行いました。私にとっては、再開局。以前のコールサインを再割り当てしてもらえることを知らず、新しいコールサインでしたが、サフィックスがOYU=お湯=温泉ということで、仕事でも趣味でも関連のある3文字だったため、個人的にはお気に入りのコールサインとなっています。

2020年

このコロナ禍で仕事が減って、自宅で過ごす時間ができたため、たまたま目に入ったYoutubeチャンネル「ももチャンネル」で、再び“BCL”や“アマチュア無線”に興味を持ち始め、さらには“ライセンスフリー無線”の存在を知り、アマチュア無線のオールバンド・オールモード無線機やデジタル簡易無線機を順次取り寄せて諸手続きを行いました。

また、ネットでライセンスフリー無線のことを調べていると、北陸でもアクティブに活動されている方々が多くいらっしゃることを知りました。同時にTwitterアカウントを開設し、ライセンスフリー無線を楽しまれている方々をフォローさせていただいて、皆様が使用されているトランシーバーや移動運用のスタイルなど、まずは情報収集から始めました。

Twitterで交流させていただいている中で、石川県羽咋郡宝達志水町の宝達山(標高:637m)がどうもフリーライセンス無線の聖地ということも分かってきて、5月16日(土)にXHDATA D-808を持って宝達山に登り、FMラジオの遠距離受信を楽しんでいたら、たまたま登って来られたいしかわAL52局にお声を掛けていただきました。

いしかわAL52局には、デジタル簡易無線での交信風景を見せていただいたり、実際にいしかわKA39局との交信を体験させていただいただきました。また、憧れを持っていた市民ラジオも見せていただいたりと、フリーライセンス無線のことをいろいろと教えていただきました。

5月30日(日)は以前から持っているYAESU FT-1Dを持って、石川県加賀市の刈安山(標高:547.7m)へ。
430MHzのFMで、しかも自局は0.1Wという出力で鳥取県米子市の局と繋がるなど、アマチュア無線の本格的な再開に相応しい遠距離交信ができ、とても感動いたしました。

その後、デジタル簡易無線などで皆様の交信を聞きながら、フリーライセンス無線でのCQの出し方や交信方法を習得。
フリーライセンス無線としての初めての運用は6月13日(土)、石川県加賀市の刈安山(標高:547.7m)にて。デジタル小電力コミュニティ無線でCQを出したところ、イシカワTL991局にお声をかけていただきました。

7月以降は週末を中心に石川県内の山々に登り、アマチュア無線とフリーライセンス無線の移動運用を楽しんでいます。
その間もさまざまなアンテナを取り寄せるなど、“無線沼”にどっぷりとはまり続けております(笑)。

アマチュア無線局

無線局免許状

無線局免許状
免許の番号*****
識別信号JF9OYU
氏名又は名称*****
免許人の住所*****
無線局の種別アマチュア局
無線局の目的アマチュア業務
運用許容時間常時
免許の年月日平 30. 8.30
免許の有効期間令 5. 8.29まで
通信事項アマチュア業務に関する事項
通信の相手方アマチュア局
移動範囲陸上、海上及び上空
無線設備の設置場所/常置場所石川県金沢市
電波の形式、周波数及び空中線電力4HA  3537.5 kHz  10 W
4HD   3798 kHz  10 W
4HA   7100 kHz  10 W
4HA   21225 kHz  10 W
4HA   24940 kHz  10 W
4VA   28.85 MHz  10 W
4VA    52 MHz  20 W
4VA    145 MHz  20 W
4VA    435 MHz  20 W
4SF   1280 MHz  10 W
備考

無線機

第1送信機(YAESU FT-1D)

YAESU FT-1D

2013年8月のアマチュア局の開局手続きに際して、中部特機産業株式会社金沢店で購入しました。開局後は主に登山の際の仲間との連絡手段として活用しました。現在は、私のデスクの横で、144MHzと433MHzの呼び出し周波数を受信しています(いつも静かですが・・・)。

第2送信機(YAESU FT-991A

YAESU FT-991A

2020年5月の特別定額給付金の入金と同時に購入しました。固定にも、移動にも使えるコンパクトなHF、V・UHFのオールモード機。自宅にアンテナを上げていないためにいつも電源を切っています。Sメーターの振れが渋過ぎる点がちょっと残念です。

第3送信機(KENWOOD TM-942)

KENWOOD TM-942

2020年10月、フリマアプリ「メルカリ」で購入したKENWOOD TM-942。144MHz、430MHz、1200MHzのトライバンダーです。アマチュア無線を開局した高校時代の憧れの機種でした。予算をオーバーしてしまいましたが、モービルホイップアンテナやデュユープレクサーなども付いてきましたので、即決で購入しました。念願が叶って我が家にやってきたKENWOOD TM-942はJARDの基本保証を受け、1200MHzにも出られるようになりました。1200MHzもアクティブに運用して参りますので、よろしくお願い申し上げます。

第4送信機(ICOM IC-705)

第5送信機(AZDEN AZ-11)

第6送信機(KENWOOD TM-732)

第7送信機(ALINCO DJ-G7)

第8・第9・第10送信機(AZDEN PCS-7800)

AZDEN PCS-7800

10m FM専用機。広島県の大先輩にメンテナンスしていただきました。久し振りに10m FMを運用したいと思っているのですが、タイミングが合わず、今シーズンは運用せずに終わりました。皆様、来シーズンはどうぞよろしくお願い申し上げます。

第11送信機(ICOM IC-9700)

第12送信機(AZDEN AZ-61)

交信確認証(QSLカード)の発行方針

アマチュア無線局 JF9OYU 交信確認証(QSLカード)

一般社団法人日本アマチュア無線連盟(JARL)経由での交信確認証(QSLカード)の交換は可能です。固定運用の際や移動運用の際は、すべて発行させていただきます(コンテスト関係の交信はは除きます)。

私は交信確認証(QSLカード)の交換が絶対であると考えていませんので、“ノーカード”での交信も大歓迎です。いつでも気軽にお声をかけていただけたら幸いですし、遠慮なく“ノーカードで”でとお伝えいただいても結構です。

なお、ライセンスフリー無線については、交信確認証(QSLカード)は発行していませんが、ご希望の方にはデータでお送りすることも可能です。ご希望の方は、お問い合わせフォームよりご連絡ください。その際、交信日時、局名をお書き添えいただければ幸いです。

ライセンスフリー無線

コールサインいしかわJK946
運用開始2020年5月20日
主な運用バンド・モード市民ラジオ
デジタル小電力コミュニティ無線    
デジタル簡易無線
特定小電力無線

無線機

SONY ICB-87R

ヤフオクで30,000円程度で落札しました。2020年7月25日(土)から2020年7月26日(日)にかけて行われたフリーライセンス無線家による一斉更新イベント「SUMMER VACATION(SV)2020」にて、SONY ICB-87Rを初運用。その初運用の交信にYoutuberのももすけさんと交信し、良い思い出となりました。

ALINCO DJ-PV1D

ALINCO DJ-PV1D

2019年の秋に登場したデジタル小電力コミュニティ無線。ライセンスフリー無線を始める際に、デジタル簡易無線と同時に購入しました。ICOM IC-DRC1MK2との2機種しか存在せず、どちらにしようか迷った結果、こちら(青組)を選びました(Sメーターが付いている点が選択の動機となりました)。

ALINCO DJ-DPS70KB

ALINCO DJ-DPS70KB

ライセンスフリー無線と言えば、デジタル簡易無線。ライセンスフリー無線の中でもデジタル簡易無線を運用されている方が多いと聞いて、こちらも購入しました。機種もさまざまありましたが、フリラに人気の同機種を選びました。登録局(包括)で申請し、2020年5月20日(水)に運用を始めました。自宅にいる際は呼び出しチャンネルを受信しています。

ALINCO DJ-P240L

ALINCO DJ-P240L

特定小電力無線もライセンスフリー無線の中では根強い人気。ということで、私もALINCO DJ-P240Lという機種を購入しました。諸先輩のアドバイスにより、ロングアンテナタイプを選びました。今のところ遠距離交信の記録は93km。いつか300km、400km、500kmと記録を塗り替えたいと思います。

ICOM IC-4300

特定小電力無線。有事の際に役立つのではないかと思い、ICOM IC-4300を2台購入。

使用受信機

XHDATA D-808

XHDATA D-808

いわゆるBCLラジオを探していたのですが、国内のメーカーはすでに撤退。ヤフオクなどでも往年の名機が高額で取引されているのですが、なかなか予算に合わず、手頃な中国製BCLラジオを買ってみました。中国製ということで期待はしていなかったのですが、このXHDATA D-808はAM、短波、FMのほか、航空無線も聞くことができる優れもの。FMの帯域は64MHzから108MHzまで対応しており、Eスポシーズンには、ロシアのFMを多数受信することができました。
外部アンテナ端子は付いていますが、短波とFMのみ。AMは対応していない点は少し残念かも。

ソフトウェア

使用しているソフトウェアをご紹介します。

AirHamLog(エアハムログ)

JJ1SXCの森川さんが開発・運営されているオンラインログブック「AirHamlog(エアハムログ)」です。インターネット環境さえあれば、パソコンやスマートフォンのブラウザでログデータの入力や閲覧が可能です。私はMac OSを使用しているため、とても強力な存在です。

あわせて読みたい
AirHamLog (エアハムログ) - アマチュア無線用ログツール スマートフォンに完全対応、データをクラウドに保存する形の新しいログアプリケーションです。

ソーシャルメディア

Twitter

Facebook

https://www.facebook.com/jf9oyu

Instagram

https://www.instagram.com/jf9oyu/

Youtube

https://www.youtube.com/channel/UCZZJT5nE_fBT1PtNIW7QoFg?view_as=subscriber

目次
閉じる