【重要】第9回ホクリク・デジコミーティング振替開催のお知らせ(1月23日(日))

バーチャル・ハムフェス2021に参加して

こんばんは。
アマチュア無線局 JF9OYU/ライセンスフリー無線局 いしかわJK946です。

日に日に冷え込みが厳しくなって参りましたが、寒さとともに無線のアクティビティーも下がっていませんか。はい、私は日に日に無線のアクティビティーが下がっていて、どちからと言えば、無線関係の書籍を読んだり、アンテナの自作を始めたり、そして、久し振りにハンダゴテを手に取って電子工作にも挑戦するなど、家でできることを中心に楽しんでいます。

少し時間が経ってしまいましたが、「バーチャル・ハムフェス2021」というオンラインのイベントに参加しました。参加したと言っても、ZoomやYoutube Liveで配信されたメインステージの模様や、特設サイトの出展ブースという名の各種企業・団体・個人のページを読むなどして楽しませていただきました。

10月2日(土)と10月3日(日)の2日間、東京ビッグサイトで開催予定でした「アマチュア無線フェスティバル ハムフェア2021」が中止となり、とても残念に思っていたところに「バーチャル・ハムフェス2021」の開催を知りました。有志による運営とは言え、このような機会を作っていただいたことは本当にうれしい限りでした。

メインステージでちょっとだけ集中して聴くことができた講演を紹介、「バーチャル・ハムフェス2021」への感想とさせていただきます。

目次

メインステージを視聴して

バーチャル・ハムフェス2021は11月13日(土)に開催されました。運の悪いことにこの日、私はお仕事・・・。でも、私のお仕事は普段からリモートワークということで、お仕事用のパソコンの横にお遊び用(最近はFT-8用に変身?)のノートパソコンを置いて参加しました(笑)。

eQSL.ccを活用しよう

リモートワーク中ということもありまして、ほとんど映像を見ることはありませんでしたが、耳から仕入れる情報はどれもこれも刺激的な内容ばかり。うっかりお仕事のことを忘れそうになるくらい何度もバーチャル・ハムフェス2021に引き込まれそうになりました。

まずはJH4PHWの坂井さんによる「eQSL.ccを活用しよう」は、これからeQSLに登録しようとする方のためにピッタリの内容でした。私もeQSLに登録する際、JH4PHWの坂井さんのウェブサイトを熟読しましたが、改めて勉強になったと思います。実際、登録し忘れていた項目もあり、お話を伺って大正解でした。

サテライト通信移動運用ライブ

JO2ASQの清水さんによる「サテライト通信移動運用ライブ」もなかなか興味深く視聴しました。高校時代からサテライト通信に興味は持っていたものの、なかなか挑戦する機会に恵まれず、アマチュア無線を再開した後もすっかりとその存在を忘れていました(ごめんなさい)。

サテライト通信に必要な設備の紹介後、実際の運用実演が行われました。サテライト通信は限られた時間内にどれだけ多く交信できるか・・・JO2ASQの清水さんの早技を聴かせていただきました。いや〜、私にはまだまだ時間が掛かりそうです。

アマチュア無線を通して世界を見る v3.0

JH4RHFの田中さんの「アマチュア無線を通して世界を見る v3.0」は、DXペディションと呼ばれる海外での移動運用についてのお話でした。田中さんがこれまで体験されてきたことを写真とともに振り返られていましたが、海外での無線運用はこれまた憧れの世界。

私もいつか海外から運用したいと思いましたが、その前に上級資格に挑戦しなくては・・・(汗)。

メインステージの休憩時間

メインステージの講演の合間には休憩時間が設けられていて、その時間を利用して出展ブースの方々が登場していました。たまたま目に止まった?耳に止まったのは「【D5】秋葉原無線部」JA1UMWの小林さん。アマチュア無線の世界で欠けている「作り手を育てる場」作りと「活動のマイルストーン」として同人誌(合同誌)を始めたという話題。短い時間でしたが、一番心に響きました。

もちろん、無線の楽しみ方は人それぞれで。無線を使って会話をすることが楽しいと感じる人も、電子工作やアンテナの自作などの物作り、電波伝搬、海外との交信等々と・・・。私は広く浅くですが、無線を通じていろんなことを体験し、学びたいと思っています。

それから無線に関する同人誌(合同誌)を作りたいと以前から考えていましたが、一人では難しいだろうな〜と諦めていたところJA1UMWの小林さんのお話を伺い、私もこの機会に作ってみようと決心することができました。

あわせて読みたい
9エリア発の無線合同誌「みんなのむせん 2021-2022」(仮称)発行と寄稿のお願いについて 9エリア発の無線合同誌「みんなのむせん 2021-2022」(仮称) さて、私のツイッターでもお知らせさせていただきましたが、9エリア発の無線合同誌「みんなのむせん 2021-...

あ、もちろん、秋葉原無線部の「もえれとりくす Vol.1」も購入しました!皆様もご興味があれば、一冊手に取ってみませんか。執筆者の無線に対する熱い思いが詰まっていて、読み応えのある一冊です。メロンブックスのウェブサイトから購入することができます(11月27日(土)時点で「残りわずか」となっています)。

バーチャル・ハムフェス2021を振り返って

バーチャル・ハムフェス2021では、「社会実験・FT8 QSOパーティ」が併せて開催されました。メインステージの配信を見ながら、7.151MHz(途中で7.181MHzに変更)でFT-8による交信を行うというもので、QSO部門または解析部門でログを提出すると協賛企業からの副賞が進呈されるという特典付き。

ちょうどFT-8を始めたばかりでしたから、私もICOM IC-705とお遊び用のノートパソコンでWSJT-Xを立ち上げてみました。ワイヤーアンテナでしたが、参加者の皆様の交信が盛んに行われていることを確認しました(FT-8ってこんなに賑わっているのか〜と、ちょっと感動しました)。

昨年に続き、今年も東京ビッグサイトで皆様とお会いすることは叶いませんでしたが、新しい技術を取り入れて、無線関連のイベントをオンラインで開催するというものもなかなか良いものですね。

バーチャル・ハムフェス2021のメインステージの様子を動画で見ることもできますので、興味のある方は今からでも遅くはありませんので、ぜひバーチャル・ハムフェス2021のウェブサイトにアクセスしてみてください!

バーチャル・ハムフェス2021の開催にあたり、ご尽力されたバーチャル・ハムフェス2021実行委員会の7K1BIBの山内代表をはじめとする関係者の皆様に心から感謝したいと思います。

最後になりますが、バーチャル・ハムフェス2021の「実行委員会について」のページに「無線趣味が発展していくことが、実行委員会の願いです」と記載されています。

行政的な無線ではない、商業的な無線でもない、趣味の無線。それがアマチュア無線だったり、ライセンスフリー無線だったりします。公共電波を使って楽しむ無線という趣味ですが、捉え方も考え方も楽しみ方も人それぞれ。年齢や性別、資格、知識や技術も人それぞれです。

私は法律や規則を守りながらも、趣味の無線は自由であり、平等であり、開かれた世界であって欲しいと願っています。そして、趣味の無線としてさらに発展し、さまざまな趣味の中のひとつとして、再び脚光を浴びることを望んでいます。

アマチュアは、良き社会人であること

アマチュアは、健全であること

アマチュアは、親切であること

アマチュアは、進歩的であること

アマチュアは、国際的であること

https://www.jarl.org/amateur-code.htm

今日もブログ記事をお読みいただきまして、誠にありがとうございました。

最後になりましたが、皆様にお願いがございます。現在、ブログランキングのアマチュア無線カテゴリーに参加していますので、ぜひとも次のバナーをクリックしていただいて、応援していただけないでしょうか。

何とぞよろしくお願い申し上げます。

にほんブログ村 その他趣味ブログ アマチュア無線へ
にほんブログ村
PVアクセスランキング にほんブログ村

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

JF9OYUのアバター JF9OYU アマチュア無線局

アマチュア無線局 JF9OYU/フリーライセンス無線局 いしかわJK946です。2020年5月にアマチュア無線を再開し、さらにライセンスフリー無線を新たに開始しました。石川県羽咋郡宝達志水町の宝達山や石川県金沢市の医王山三千坊展望台での移動運用中心です。最小出力&最小設備で遠距離交信に挑戦しています。先輩の皆様、何とぞよろしくお願いします。

アマチュア無線|市民ラジオ|デジタル小電力コミュニティ無線|デジタル簡易無線|特定小電力無線|BCL|遠距離受信|温泉|旅行|写真

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる