2021年11月28日(日)11時00分〜 第4回石川UHFロールコール開催のお知らせ

SCIENTEX SR-01(新スプリアス規格対応市民ラジオ)が到着しました!

こんばんは。
アマチュア無線局 JF9OYU/ライセンスフリー無線局 いしかわJK946です。

遂に念願の新スプリアス規格に対応した市民ラジオのポータブル機が到着しました。

フリーマーケットサイトで購入したSCIENTEX(サイエンテックス)社のSR-01は、現在、同社のオンラインショップでも「現状、SR-01の次回製作は部品の調達が不安定な状況となっております。今のところは様子を見ており、今後の販売募集があるかどうかまだ決まっておりません。」とお知らせしている通り、現在は製造や注文の受付を行っていない状況です。

西無線研究所のNTS-115も魅力的でとても迷いましたが、SR-01は電波の飛びが良いという評判や、やはりアナログメーターが何と言っても格好良いので、SR-01の製造再開と注文の受付開始を心待ちにしていました…。

そんな中、フリーマーケットサイトでSR-01の出品を知ったものの、定価よりも高い(いわゆるプレミアム価格?)く、購入を躊躇いましたが、誘惑に負けてポチッと押してしまいました。。。

目次

開封の儀

SCIENTEX SR-01 外箱

SR-01の外箱に送り状が貼り付けられて送られてくるものと思っていましたが、一回り大きな箱に入れて発送してくださいました。そのため、SR-01の外箱も美しいままで、そのお心遣いに感謝するばかりです・・・。

SCIENTEX SR-01 外箱を開けてみると・・・

開封して数回使ったということでしたので、外箱を開けた瞬間は新品が入っているかのような美しい状態でした。数回の使用とは言え、保存状態も良かったのではと思います。

SCIENTEX SR-01 正面

早速、電池を入れて電源投入!

無事に電源が入り、雑音がザーザーと耳に入ってきました。そう言えば、必要最低限の機能をというコンセプトで設計されており、スケルチの機能を付けなかったんですよね。

SCIENTEX SR-01 背面

SCIENTEX SR-01の背面。

製造番号は1166で、昨年11月に出荷されたものだそうです。

これから市民ラジオもオフシーズンに突入しますが、11月3日(水・祝)の全国各地一斉オンエアデイは、このSR-01で市民ラジオ中心に楽しみたいと思います。

市民ラジオでも私の声が聴こえましたら、お気軽にお声がけください!

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

JF9OYUのアバター JF9OYU アマチュア無線局

アマチュア無線局 JF9OYU/フリーライセンス無線局 いしかわJK946です。2020年5月にアマチュア無線を再開し、さらにライセンスフリー無線を新たに開始しました。石川県羽咋郡宝達志水町の宝達山や石川県金沢市の医王山三千坊展望台での移動運用中心です。最小出力&最小設備で遠距離交信に挑戦しています。先輩の皆様、何とぞよろしくお願いします。

アマチュア無線|市民ラジオ|デジタル小電力コミュニティ無線|デジタル簡易無線|特定小電力無線|BCL|遠距離受信|温泉|旅行|写真

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる