【重要】第9回ホクリク・デジコミーティング振替開催のお知らせ(1月23日(日))

9月12日(日):石川県羽咋郡宝達志水町(JCG#30007) 宝達山(標高:637.1m)山頂公園駐車場から「第2回石川UHFロールコール」を開催いたしました!

アマチュア無線局 JF9OYU/ライセンスフリー無線局 いしかわJK946です。

9月12日(日)、石川県羽咋郡宝達志水町 宝達山(標高:637.1m)山頂公園駐車場から「第2回石川UHFロールコール」を開催しましたので、簡単ですが、ブログをご覧の皆様にもご報告させていただければと思います。最後までお付き合いください。

目次

運用場所について

9エリアのアマチュア無線&ライセンスフリー無線の聖地と呼ばれている石川県羽咋郡宝達志水町の宝達山から開催しました。第6回ホクリク・デジコミーティングの記事とほぼ同様になりますが、運用場所についての説明です。

宝達山の概要

宝達山山頂公園駐車場(左手の建物は水洗トイレ)

宝達山(ほうだつさん)は石川県羽咋郡宝達志水町に位置し、能登半島最高峰の標高は637.1m(一等三角点)を誇ります。

山頂一帯はブナ林に広がっていて、林野庁の水源の森百選にも選定されているほか、古くから信仰対象として崇められ、山岳修験道の舞台になった山でもあり、現在は手速比咩神社上社が建てられています。

また、江戸時代に金山が存在していたこともあり、宝達山の名前の由来になったと言われています。

歩いて150分ほどの登山道が整備されているほか、石川県側と富山県側から自動車で登ることができる舗装された林道もあります。私はいつも東間(あずま)集落からの林道を利用していますが、急なカーブもあり、また、道幅が狭い区間が多いため、対向車に気遣う必要があります。

山頂手前は宝達山山頂公園として整備されており、広々とした駐車場と水洗トイレ(男女別、多目的トイレ完備)があります。駐車場からは、宝達志水町を眼下に、日本海に沈む美しい夕日を眺めることができるほか、遠くは福井までの海岸線を見渡すことができます。そして、木々の隙間から白山連峰も望むことができますよ。

山の龍宮城という休憩所がかつて営業していましたが、崩落箇所が見付かり閉鎖中です。

無線運用については、一等三角点のある山頂付近で行うことができます。ただし、山頂には国土交通省や石川県などの無線中継所が設けられていますので、無線運用の際には細心の注意が必要ですし、山頂付近はそれほど広くはありませんので、登山客などの一般人に迷惑を掛けないように気遣いが必要です。また、平日は無線中継所の関係者の往来もあり、通行の妨げにならないように気を付けてください。

一方、山頂手前の駐車場はアスファルトと砂利のスペースに分かれており、もちろん、どちらでも無線運用は可能です。ただし、アスファルトの駐車場の見晴らしの良いスペースでは、大きなアンテナの設営や長時間の無線運用は避けた方が良いでしょう。無線運用のための宝達山ではなく、みんなの宝達山という心遣いが必要です。

今回は天候にも恵まれたこともあり、私は宝達山山頂公園駐車場の砂利のスペースを利用して、石川UHFロールコールやホクリク・デジコミーティングを開催させていただきました。山頂に比べて標高は低く550mほどで、砂利のスペースは周囲に木々が生い茂っていて、電波の飛びや受けは今ひとつでしたが・・・。

ちなみに、石川県羽咋郡はJCG#30007です。また、宝達山はSOTA対象でJA/IK-014となります。SOTAは車で登ったらNGでしたっけ・・・?

宝達山の位置

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

JF9OYUのアバター JF9OYU アマチュア無線局

アマチュア無線局 JF9OYU/フリーライセンス無線局 いしかわJK946です。2020年5月にアマチュア無線を再開し、さらにライセンスフリー無線を新たに開始しました。石川県羽咋郡宝達志水町の宝達山や石川県金沢市の医王山三千坊展望台での移動運用中心です。最小出力&最小設備で遠距離交信に挑戦しています。先輩の皆様、何とぞよろしくお願いします。

アマチュア無線|市民ラジオ|デジタル小電力コミュニティ無線|デジタル簡易無線|特定小電力無線|BCL|遠距離受信|温泉|旅行|写真

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる