ラジオ・BCL:2020年の振り返りと2021年の取り組みについて

こんばんは。
アマチュア無線局 JF9OYU/ライセンスフリー無線局 いしかわJK946です。

師走に入りまして、お忙しい日々をお過ごしの方も多いのではないでしょうか。
しかし、例年とは異なりまして、忘年会の予定がほとんど中止になり、みんなと顔を合わせて一年を振り返る機会がなくなったことはとても残念です。

今日のブログ記事では、「ラジオ・BCL」カテゴリーにおける2020年の振り返りと、2021年の取り組みについて触れてみたいと思います。

目次

我が家に中国製BCLラジオ「XHDATA D-808」がやって来た!

XHDATA D-808

普段からラジオを聞く機会が多いものの、北陸放送(MRO)やFM石川、そして、アプリでAFNを聞く程度でした。

今年4月、新型コロナウイルス感染症拡大に伴う政府の緊急事態宣言により、観光業に携わる私にとっては仕事が激減しました。
そして、時間を弄ぶことも多くなったため、Youtubeを見る機会が増えてきました。

そうです。

ももチャンネル! 【無線と車でアウトドアなYouTuber】を視聴し、中国製BCLラジオ「XHDATA D-808」の存在を知ることになりました。

早速、Amazonで「XHDATA D-808」を注文して、取り寄せてみました。
エアーバンドも聞くことができるなど多機能にも関わらず、1万円を切るコスパの良さに惹かれました。

4月下旬の頃の出来事でした。

スポラディックE層伝搬や対流圏伝搬でのFM遠距離受信

我が家に届いた日から、「XHDATA D-808」はフルで活用。
AMラジやFMラジオはもちろん、短波ラジオを聞いてみたほか、エアーバンドも受信してみました。
所詮は中国製と高を括っていましたが、機能だけではなく、受信感度もこの手のラジオにとってはなかなか良いものと感じました。

高校時代は父から譲ってもらった「SONY ICF-7600D」を使っていましたが、何となく雰囲気も似ている「XHDATA D-808」は私のお気に入りのラジオ受信機となりました。

私は以前より、FMラジオの遠距離受信に興味があり、時間があれば車で高い山に登り、どれだけ遠くのFMラジオを受信することができるかとカーラジオをチューニングすることも多々ありました。

刈安山でのFMラジオ受信調査

5月4日(火)には、石川県加賀市と福井県あわら市の県境に位置する刈安山(標高547.7m)へ。
山頂の展望台周辺はちょうど八重桜が満開の頃でした。

この日は「XHDATA D-808」を忘れてしまったため、カーラジオでFMラジオをチューニングしてみたところ、近畿圏や瀬戸内のFMラジオを強力に受信することができました。
恐らく対流圏伝搬(ラジオダクト)による受信と思われますが、長時間に渡って安定的に受信できていました。

自宅でEスポ受信

そうこうしているうちに、スポラディックE層(Eスポ)伝搬により、沖縄のFMラジオが入って来ました。
FM沖縄、AFN-Okinawa、RBCiラジオ、ラジオ沖縄、FM21を確認。
慌てて受信報告書を書き綴りました(AFN-Okinawa以外)。

5月13日(水)には、スポラディックE層(Eスポ)伝搬により、生まれて初めてロシアのFMラジオを受信しました。
この日は比較的長時間、ロシアのFMラジオが受信できたと記憶しています。
いずれも60MHz帯でしたので、国内メーカーのラジオでは受信できませんでしたから、「XHDATA D-808」を買って良かったと思う瞬間でした。

翌日、5月14日(木)にもスポラディックE層(Eスポ)伝搬により、九州地方のFMラジオを受信。

FM宮崎、FM熊本、FM長崎、FM福岡は確認。
FM鹿児島、FM大分、FM佐賀、CROSS FM、LOVE FMは確認できず。
FM宮崎、FM熊本、FM長崎、FM福岡の受信報告書を書き綴っていたため、FM補完放送まで手が回りませんでした。

宝達山でのFMラジオ受信調査

その後も、自宅や自宅以外の場所でも「XHDATA D-808」を持ち歩き、FMラジオの遠距離受信を楽しみました。
5月16日(土)には、久し振りに石川県羽咋郡宝達志水町の宝達山(標高:637m)へ行っていました。


この宝達山で、ライセンスフリー無線に興味を持ち、トランシーバーを買い揃える切っ掛けになりました。
ライセンスフリー無線については、また日を改めてブログ記事にまとめたいと思います。

10月10日(土)には、マスプロ電工のFMアンテナ「FM5A」を持って宝達山に出かけていました。
この日も対流圏伝搬(ラジオダクト)による遠方のFMラジオを受信することができましたが、八木アンテナの方向を白山連峰に向けた途端、大阪のFMラジオが強力に。
宝達山においては、大阪のFMラジオの電波は恐らく山岳反射による伝搬と考えられ、これまた発見となりました。

この日はMacbookに「AIRSPY mini」というバングルを繋いで、「Gqrx」というソフトで受信。
随分前に購入していたのですが、初めて本格的に使ってみました。
録音や記録もできるので、なかなか便利!

2020年の受信実績

2020年12月8日(火)時点での石川県内における受信実績です。
石川県外での受信は含んでいません。

AMラジオ

放送局名周波数受信の可否受信報告書の送付受信確認証の受領
北海道放送(HBC)1287kHz××
STVラジオ(STV)1440kHz××
青森放送(RAB)1233kHz×××
IBC岩手放送(IBC)684kHz××
東北放送(TBC)1260kHz
秋田放送(ABS)936kHz××
山形放送(YBC)918kHz
ラジオ福島(RFC)1458kHz×××
茨城放送(IBS)1197kHz×××
栃木放送(CRT)1530kHz×××
TBSラジオ(TBS)954kHz
文化放送(QR)1134kHz
ニッポン放送(LF)1242kHz
ラジオ日本(RF)1422kHz××
新潟放送(BSN)1116kHz××
北日本放送(KNB)738kHz××
北陸放送(MRO)1107kHz××
福井放送(FBC)864kHz××
山梨放送(YBS)765kHz
信越放送(SBC)1098kHz××
岐阜放送(GBS)1431kHz××
静岡放送(SBC)1404kHz××
CBCラジオ(CBC)1053kHz××
東海ラジオ(SF)1322kHz××
KBS京都(KBS)1143kHz××
毎日放送(MBS)1179kHz××
朝日放送(ABC)1008kHz××
ラジオ大阪(OBC)1314kHz××
ラジオ関西(CRK)558kHz××
和歌山放送(WBS)1431kHz×××
山陰放送(BSS)900kHz××
山陽放送(RSK)1494kHz××
中国放送(RCC)1350kHz×
山口放送(KRY)765kHz××
四国放送(JRT)1269kHz××
西日本放送(RNC)1449kHz××
南海放送(RNB)1116kHz×××
高知放送(RKC)900kHz×××
RKB毎日放送(RKB)1278kHz
九州朝日放送( KBC)1413kHz××
長崎放送(NBC)1233kHz×××
熊本放送(RKK)1197kHz×××
大分放送(OBS)1098kHz×××
宮崎放送(MRT)936kHz×××
南日本放送(MBC)1107kHz×××
琉球放送(RBC)738kHz×××
ラジオ沖縄(ROK)864kHz××
34局/47局8局/47局7局/47局

FMラジオ

放送局名周波数受信の可否受信報告書の送付受信確認証の受領
AIR-G’80.4MHz×××
FM NORTHWAVE82.5MHz×××
FM青森80.0MHz×××
FM岩手76.1MHz×××
FM仙台77.1MHz×××
FM秋田82.8MHz×××
エフエム山形80.4MHz×××
ふくしまFM81.8MHz×××
FM栃木76.4MHz×××
FM群馬86.3MHz×××
NACK579.5MHz×××
bayfm78.0MHz×××
TOKYO FM80.0MHz×××
J-WAVE81.3MHz
InterFM89789.7MHz××
Fm yokohama 84.784.7MHz×××
FM新潟77.5MHz
FMとやま82.7MHz
FM石川80.5MHz
FM福井76.1MHz
FM FUJI83.0MHz×××
FM長野79.7MHz
FM GIFU80.0MHz×××
K-MIX79.2MHz×××
FM AICHI80.4MHz××
ZIP-FM77.8Mhz××
FM三重78.9MHz×××
e-radio77.0MHz××
α-STATION89.4MHz
FM大阪85.1MHz×
FM80280.2MHz
FM COCOLO76.5MHz
Kiss-FM KOBE89.9MHz××
FM山陰77.4MHz××
FM岡山76.8MHz
広島FM78.2MHz×××
FM山口79.2MHz×××
FM徳島80.7MHz
FM香川78.6MHz
FM愛媛79.7MHz×××
FM高知81.6MHz×××
FM福岡80.7MHz
CROSS FM78.7MHz×××
LOVE FM76.1MHz×××
FM佐賀77.9MHz×××
FM長崎79.5MHz×
FM熊本77.4MHz
FM大分88.0MHz×××
FM宮崎83.2MHz
FM鹿児島79.8MHz×××
FM沖縄87.3MHz
24局/51局18局/51局16局/51局

FM補完中継局

放送局名周波数受信の可否受信報告書の送付受信確認証の受領
北海道放送(HBC)91.5MHz×××
STVラジオ(STV)90.4MHz×××
青森放送(RAB)91.7MHz×××
IBC岩手放送(IBC)90.6MHz×××
東北放送(TBC)93.5MHz×××
秋田放送(ABS)90.1MHz×××
山形放送(YBC)92.4MHz×××
ラジオ福島(RFC)90.8MHz×××
茨城放送(IBS)94.6MHz×××
栃木放送(CRT)94.1MHz×××
TBSラジオ(TBS)90.5MHz××
文化放送(QR)91.6MHz××
ニッポン放送(LF)93.0MHz××
ラジオ日本(RF)92.4MHz×××
新潟放送(BSN)92.7MHz
北日本放送(KNB)90.2MHz
北陸放送(MRO)94.0MHz××
福井放送(FBC)94.6MHz
山梨放送(YBS)90.9MHz××
信越放送(SBC)92.2MHz××
岐阜放送(GBS)90.4MHz××
静岡放送(SBC)93.9MHz×××
CBCラジオ(CBC)93.7MHz××
東海ラジオ(SF)92.9MHz××
KBS京都(KBS)94.9MHz××
毎日放送(MBS)90.6MHz
朝日放送(ABC)93.3MHz
ラジオ大阪(OBC)91.9MHz
ラジオ関西(CRK)91.1MHz×××
和歌山放送(WBS)94.2MHz×××
山陰放送(BSS)92.2MHz×
山陽放送(RSK)91.4MHz
中国放送(RCC)94.6MHz×××
山口放送(KRY)92.3MHz×××
四国放送(JRT)93.0MHz
西日本放送(RNC)90.3MHz×××
南海放送(RNB)91.7MHz×××
高知放送(RKC)90.8MHz×××
RKB毎日放送(RKB)91.0MHz×××
九州朝日放送( KBC)90.2MHz×××
長崎放送(NBC)92.6MHz×××
熊本放送(RKK)91.4MHz×××
大分放送(OBS)93.3MHz×××
宮崎放送(MRT)90.4MHz×××
南日本放送(MBC)92.8MHz×××
琉球放送(RBC)92.1MHz×××
ラジオ沖縄(ROK)93.1MHz
20局/47局10局/47局9局/47局

2020年の受信実績を振り返って

2020年の目標は石川県内で全局の受信と考えていましたが、なかなか厳しい結果となりました。

AMラジオ

AMラジオは合計47局。
受信実績は34局、受信報告書の送付は8局、そして、受信確認証(ベリカード)の受領は7局という結果となりました。

自宅では、さまざまな雑音(ノイズ)を拾うため、遠距離受信に適した環境ではありませんが、なかなかAMラジオの受信に時間を割くことができなかったことも結果の要因となりました。

日本海側に位置する石川県では、太平洋側の局のほか、四国地方や九州・沖縄地方の局の受信が厳しいようです。
一部の局は、北陸放送(MRO)と同じ周波数や隣接する周波数のため、まず自宅では受信困難です。

受信を確認することができなかった局は、東北地方では、青森放送(RAB)、ラジオ福島(RFC)、栃木放送(CRT)、茨城放送(IBS)、近畿地方では、和歌山放送(WBS)、四国地方では、南海放送(RAB)、高知放送(RKC)、九州・沖縄地方では、長崎放送(NBC)、熊本放送(RKK)、大分放送(OBS)、宮崎放送(MRT)、南日本放送(MBC)、琉球放送(RBC)の合計13局となりました。

一方、特筆すべき点は、ラジオ沖縄(ROK)の受信です。

11月6日(金)の夜に、石川県羽咋郡宝達志水町の宝達山(標高:637m)へ出かけました。
ライセンスフリー無線を運用後に、カーラジオで864kHzにチューニングしてみたところ、局名のアナウンスでラジオ沖縄(ROK)と判明。
福井放送(FBC)よりも強いものの、韓国語局の混信がとても激しかった記憶があります。

これには驚きましたが、受信環境や受信設備により、これまで受信困難と思って諦めていた局も受信できるのではないかとの望みとなりました。

なお、AMラジオの受信確認証(ベリカード)は特に熱を入れていた訳ではありませんが、2020年については、東北放送(TBC)、山形放送(YBC)、TBSラジオ(TBS)、文化放送(QR)、ニッポン放送(LF)、山梨放送(YBS)、中国放送(RCC)、RKB毎日放送(RKB)の8局に受信報告書をお送りさせていただきました。

現在、中国放送(RCC)以外、すべて受領済みです。

FMラジオ

FMラジオは合計51局。
受信実績は21局、受信報告書の送付は18局、そして、受信確認証(ベリカード)の受領は16局という結果となりました。

受信実績からは除外させていただいておりますが、2020年は残念なことに新潟のFM PORTと愛知のRadio NEOが閉局しました。
両局ともに受信することができましたが、受信確認証(ベリカード)はFM PORTは受領、Radio NEOは発行していないということで、受信報告書の送付は行っておりません。

石川県金沢市の自宅では、FMとやま、FM石川、FM福井の3局しか受信できません(NHKやコミュニティ放送は除く)。
そのため、自宅でのFMラジオの遠距離受信は初夏に発生する“Eスポ”に頼る方法しかありません。

2020年の“Eスポ”による受信は、FM福岡、FM長崎、FM熊本、FM宮崎、FM沖縄の5局となりました(NHKやコミュニティ放送、FM補完中継局を除く)。
一方、北海道のAIR-G’やFM NORTHWAVEは“Eスポ”で受信することができませんでした。

石川県加賀市の刈安山(標高:547.7m)、石川県金沢市の医王山三千坊展望台(標高:789.5m)、そして、石川県羽咋郡宝達志水町の宝達山(標高:637m)にて、FMラジオの遠距離受信も実施しました。

石川県加賀市の刈安山(標高:547.7m)では、e-radio(滋賀)、α STATION(京都)、FM大阪、FM802、FM COCOLO、Kiss-FM KOBE、FM山陰、FM徳島、FM香川、FM岡山の9局を受信することができました(NHKやコミュニティ放送、FM補完中継局を除く)。

FM徳島やFM香川、そして、FM岡山は、過去に刈安山での受信実績がなかったため、“対流圏伝搬(ラジオダクト)”による受信と思われます(緩やかなフェーディングを伴っていました)。

α STATIONは舞鶴中継局、Kiss-FM KOBEは城崎中継局の受信が普段から強力。

石川県金沢市の医王山三千坊展望台(標高:789.5m)では、関東地方のFMラジオを狙ってみました。
J-WAVEとInterFM 897の2局を受信することができました(NHKやコミュニティ放送、FM補完中継局を除く)。
TOKYO-FMは受信不可能でしたが、石川県でもJ-WAVEを直接受信できるなんて驚きました。

石川県羽咋郡宝達志水町の宝達山(標高:637m)では、FM新潟、FM長野、FM愛知、ZIP-FMの4局を受信することができました(NHKやコミュニティ放送、FM補完中継局を除く)。

FM補完中継局

FM補完中継局は合計47局。
受信実績は20局、受信報告書の送付は10局、そして、受信確認証(ベリカード)の受領は9局という結果となりました。

石川県金沢市の自宅では、北陸放送(MRO)、北日本放送(KNB)、福井放送(FBC)の3局のみ。

その他は、石川県加賀市の刈安山(標高:547.7m)、石川県金沢市の医王山三千坊望台(標高:789.5m)、石川県羽咋郡宝達志水町の宝達山(標高:637m)での受信となります。

石川県加賀市の刈安山(標高:547.7m)では、KBS京都(KBS)、毎日放送(MBS)、朝日放送(ABC)、ラジオ大阪(OBC)、山陰放送(BSS)のFM補完中継局は安定的に受信できることが分かっていますが、”対流圏伝搬(ラジオダクト)”で山陽放送(RSK)、四国放送(JRT)を受信することができました。

また、刈安山では、たまたま”Eスポ”が発生し、ラジオ沖縄(ROK)のFM補完中継局の受信に成功しました。

石川県金沢市の医王山三千坊展望台(標高:789.5m)ではTBSラジオ(TBS)、文化放送(QR)、ニッポン放送(LF)のFM補完中継局の受信を確認することができました。
また、山梨放送(YBC)や岐阜放送(GBS)のFM補完中継局も受信することができました。

石川県羽咋郡宝達志水町の宝達山(標高:637m)では、毎日放送(MBS)、朝日放送(ABC)、ラジオ大阪(OBC)のほか、新潟放送(BSN)、信越放送(SBC)、CBCラジオ(CBC)、東海ラジオ(SF)のFM補完中継局の受信を確認することができました。

いずれもマスプロ電工の八木アンテナ「FM5A」を使用しました。
アンテナの向きにより、強力に受信できたり、地元局の影響を少なくするなど、威力を発揮してくれました。

2021年の目標や取り組みについて

2021年も引き続き、ラジオやBCLを楽しみたいと思っています。
作った目標を達成するため、楽しみながらも少しずつ取り組んで参ります。

2021年の暮れには、また振り返りブログ記事を作成したいと思っています。

AMラジオの全局受信(47局)

2021年も引き続き、AMラジオを全局(47局)を目標にしたいと思います。
受信場所は自宅を含む石川県内と限定します。

できる限り、受信報告書を作成して、全局から受信確認証(ベリカード)の受領を最終目標とします。

FMラジオの全局受信(51局)

2021年も引き続き、FMラジオを全局(51局)を目標にしたいと思います。
受信場所は自宅を含む石川県内と限定します。

できる限り、受信報告書を作成して、全局から受信確認証(ベリカード)の受領を最終目標とします。

FM補完中継局の全局受信(47局)

2021年も引き続き、FM補完中継局を全局(41局)を目標にしたいと思います。
受信場所は自宅を含む石川県内と限定します。

できる限り、受信報告書を作成して、全局から受信確認証(ベリカード)の受領を最終目標とします。

海外日本語放送の全局受信(12局)

2020年はほとんど海外短波放送を聞くことはありませんでした。
強いて言えば、毎週日曜日夜のKTWRくらいでしょうか。

2021年は最低限、海外日本語放送の全局受信を目標にしたいと思います。

受信調査の実施

2020年はアマチュア無線やライセンスフリー無線の運用のおまけで受信調査を行っていました。
2021年は受信調査を最大の目的として、石川県内の各地へ移動したいと思っています。

また、移動地での受信調査を詳細に記し、当ブログで報告させていただきます。

【候補地】
・石川県加賀市 刈安山(標高:547.7m)
・石川県金沢市 医王山三千坊展望台(標高:789.5m)
・石川県羽咋郡宝達志水町 宝達山(標高:637m)
・石川県七尾市 別所岳(標高:358m)
・石川県輪島市 高洲山(標高:567m)
・石川県珠洲市 大谷峠(標高:256m)
・石川県珠洲市 禄剛崎灯台(標高:50m)
・石川県珠洲市 宝立山(標高:471m)

テレビの遠距離受信に挑戦

2020年はまったくできなかったテレビの遠距離受信に、2021年は取り組んでみたいと思っています。
春までには録画可能なポータブルテレビと八木アンテナを調達し、雪解けの頃から受信調査に出かけたいと計画しています。

石川県内において、スカイツリーからの地デジを受信することを最終目標とします。

今日もブログ記事をお読みいただきまして、誠にありがとうございました。

最後になりましたが、皆様にお願いがございます。現在、ブログランキングのアマチュア無線カテゴリーに参加していますので、ぜひとも次のバナーをクリックしていただいて、応援していただけないでしょうか。

何とぞよろしくお願い申し上げます。

にほんブログ村 その他趣味ブログ アマチュア無線へ
にほんブログ村

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

JF9OYUのアバター JF9OYU アマチュア無線局

アマチュア無線局 JF9OYU/フリーライセンス無線局 いしかわJK946です。2020年5月にアマチュア無線を再開し、さらにライセンスフリー無線を新たに開始しました。石川県羽咋郡宝達志水町の宝達山や石川県金沢市の医王山三千坊展望台での移動運用中心です。最小出力&最小設備で遠距離交信に挑戦しています。先輩の皆様、何とぞよろしくお願いします。

アマチュア無線|市民ラジオ|デジタル小電力コミュニティ無線|デジタル簡易無線|特定小電力無線|BCL|遠距離受信|温泉|旅行|写真

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる